ブログ

アラフォーからの結婚⑤ 【結婚の決め手】名古屋で女性のための結婚・離婚・修復・再婚 夫婦関係カウンセリングプランナー

2013年11月03日(日)|コンテンツ,女性の自立

こんにちは、石野敬子です

 

今日は、結婚の決め手について考えてみたいと思います。

 

アラフォーからの結婚は、

若い頃のように、勢いで結婚するようなことが

少なくなってくるんじゃないかなって思います。

 

 

 

勢いで結婚することがいいことなのかというと、

今の離婚率が3組に1組ということを考えると、

必ずしもそうとは言い切れないと思います。

 

ですが、若い頃の結婚が勢いだけじゃないとしても

、今までの自分だけの生活スタイルを止めて、

他人と生活をしようとするなら、多少は勢いも必要なのかも知れません。

 

自分自身を振り返ってみても、

結婚の際には、勢いがあったなって思いますし、

20代で結婚した友人に聞いてみても、勢いは必要だという人がほとんどです。

 

若い頃は、自分自身が未熟な分、他人に合わせたり

、新しいことを受け入れたりといった柔軟性があるので、

自分の生活を変えるために勢いに任せることは、

それほど苦痛ではなかったように思います。

 

気が付いたら、結婚が決まっていたみたいな・・・、そんな感覚がありました。

 

しかし、

アラフォー以上になると、自分のライフスタイルが確立している人も多く

最近では、未婚女性がマンションを購入するなどということも、よく聞く話です。

 

自分だけの空間であるマンションがあり、自分の好きなものに囲まれて、

ペットなどを飼ってしまえば、寂しくもなく、誰にも邪魔されず心地よい生活をすることができるでしょう。

 

 

そうなってくると、わざわざこの心地よさを手離してまで結婚をしようという気持ちが薄れ、

結婚へ向かう勢いのようなものは無くなってしまうのかも知れません。

 

 

また、若い頃は男性に頼りたいという気持ちがあって、

頼りがいのある男性と結婚をして、守られながら生活したいという願望があった人もいると思います。

 

でも、年を重ねていき、自分のマンションが買えるようになると、

経済的にも安定していて、かなり逞しく生きられるようになってしまい、

男性に頼って生きていく必要もなく、また周囲にも独身の女性友達もたくさんいるので、

女子会などで頻繁に交流し合い、かなり充実した日常を送っているようです。

 

 

また頼りがいのある男性は既にほとんど結婚していると思っている女性が多く、

ますます結婚願望が薄れて行くのかも知れません。

 

ですが、頼りがいのある男性といっても、

その基準は人それぞれですし、私の基準の中で、

頼りがいのある男性でも未婚のまま40歳を迎えてしまったなんて人もいますから、

それは思い込み以外の何ものでもないと思います。

 

実際に、未婚率(1度も結婚していない人の割合)は、

35~39歳で、男性34.6%、女性22.4%、

40~44歳で、男性27.9%、女性16.6%、

45~49歳で、男性21.5%、女性11.7%であり、

平成17年~22年の5年間に結婚した未婚者は、

35~39歳で10.8%、

40~44歳で4.1%、

45~49歳で1.3%というデータがあります。(2010年の国勢調査)

 

この中には、結婚できないのではなくて、あえて結婚しない人もいると思います。

 

このデータの背景にある結婚しない、またはできなかった理由の上位に上がってくるのが、

生活のリズムを変えたくない、余暇を気ままに過ごしたい、

お金の余裕がなくなるのが嫌だというのがあります。

 

 

アラフォーから結婚したいと思うなら、

今までの自分のライフスタイルや考え方を変えていく必要があり

何となくではなく、絶対に結婚するという意思を持たなければ難しいと言えるでしょう。

 

若い頃なら、年収が・・・、容姿が・・・、学歴が・・・、などなど理想はたくさんあったと思います。

 

ですが、そういう価値観で今まで生きてきて結婚ができなかった訳ですから、

今までと同じ感覚では、5年後も、10年後も、結婚もできないのだと思った方がいいのかも知れません。

 

実際に、アラフォー以上になってから結婚した人の結婚の決め手はなんだったのでしょうか?

これはちょっと意外な結果でしたが、

アラフォーから結婚した人に聞くと、「嫌なところがなかったから」というのが、

1番の理由に上がってきます。

 

ある仲人さんのお話しですが、「多くの結婚できないアラフォー以上の人は、

自分を棚に上げて、相手にばかり自分の理想を押し付けようとしているように思います。

 

お付き合いというのは、アラ探しの機会ではなく、相手の良いところを探す機会だと思って欲しいし

自分の理想に合わなくても、嫌なところがないなら出会ったご縁を大切にして、

結婚を決めることを勧めています」と言っていました。

 

確かに、おっしゃる通りですね・・・。同感です!

 

理想という今までの基準から、

「嫌なところがない」という新しい基準に変えるというのも

前向きでりっぱな結婚の決め手になるんじゃないかなって思いました。

 

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

次回は、結婚するとこんなにいいことがある について話してみたいと思います。

 

結婚、離婚、修復、再婚のOLIVE  http://150.60.39.185/

夫婦関係でお悩みの方の相談窓口  http://150.60.39.185/contact

 

« »
page top