ブログ

離婚調停

【離婚調停】奥様からの離婚調停の申し立て 別居後に起こり得ること②

2014年10月06日(月)|コンテンツ,女性の浮気,離婚調停

昨日のブログでは動画で紹介しました。

 

調停後、別居となれば、

次は生活費をどうするのかという問題が出てきます。

 

生活費に関しては、こちらが「20万円欲しい」と言って、

相手が「いいよ」というのであれば、話し合う必要はありませんよね。

 

しかし、途中で気が変わり支払わなくなったり、

最初から支払いたくないということがよくあります。

 

その場合は、【婚姻費用分担調停】を起こすことで、

支払ってもらえるようになります。

 

調停で、ご主人が支払いたくないと主張し、決着が着かなかったとしても、

最終的には審判によって家庭裁判所が金額を決めてくれるのです。

 

ご主人にしてみれば、勝手に出ていったのに、

生活費をよこせなんて、ムシがよすぎると腹も立つことでしょう・・・。

 

でもこれは結婚している以上仕方のないことで、

イヤなら離婚に応じる以外にはないのです。

 

奥さんからの離婚調停の申し立てが不調に終わった場合、

奥さんが専業主婦であったり、ご主人よりも奥さんの方が収入が低い場合、

特に弁護士さんが付いているなら、

離婚調停の流れのまま婚姻費用分担調停に移行されると思っていて間違いないと思います。

 

奥さんから離婚調停の申し立てがあった時、

①妻からの離婚の申し出に応じない → 離婚調停が不調に終わる

②ご主人よりも収入が低い奥さんの場合

 妻から婚姻費用分担調停の申し立て → 調停(審判)で決定した金額を支払う

 

①であれば、②は避けられないのです。

離婚調停の申し立てと同時に婚姻費用分担調停の申し立てをしてくる場合もあります。

 

お子さんがいらっしゃる場合は、

お子さんが未成年であればお子さんの分も加算されます。

 

お子さんが20歳を越えていても、

学生である場合は、加算されることもあります。

 

お子さんが就職したり、ご主人の収入が減ってしまった場合は、

途中で減額してもらうことができますが、

その場合は、婚姻費用の減額の請求を家庭裁判所へ申請する必要があります。

 

調停でも不本意な思いが続き、

別居した途端にお金のことばかり請求がくれば、

ウンザリすることもあるでしょうけれど、

結婚しているということはそういう義務が発生することなのだと

理解して頂きたいです。

 

また、調停をするからと言って、

弁護士さんに依頼しなければならないという訳ではありませんが、

相手に弁護士さんが付いている場合は、

こちらも依頼した方が事がスムースに運びやすいと思います。

 

ですが、弁護士さんも人間ですから、

完璧ではありませんし、人柄も様々です。

自分に合った弁護士さん選びも重要になってきます。

 

調停からの一連の出来事の中で、

絶望感や喪失感や言い表せないようなやるせない思いをすることも多いですが、

1人でクヨクヨしていても、良い考えは浮かばず、

悲観的な思考から抜け出せなくなることもあります

 

こういう出来事はマイナスの側面ばかり感じてしまいがちですが、

実は学ぶことも多く、この時に得られたことは必ず今後の人生の糧となります。

誰かの助けを得てでも、

今の状況から得られることは何なのかということに目を向けて、

前向きに取り組んで欲しいと思います。

 

 

 

▼夫の浮気から夫婦関係を何がなんでもやり直すための無料メール講座 好評配信中
10月中に登録いただいた方には「無料相談をプレゼント中」

bnr_merumaga

【離婚調停】 妻からの離婚調停の申し立て 別居後に起こり得ること

2014年10月05日(日)|コンテンツ,女性の浮気,離婚調停

離婚調停後、別居となれば、

次は生活費をどうするのかという問題が出てきます。

 

奥様が働いておらず、家を出て行ってしまった場合は、

ご主人にしてみれば、勝手に出ていったのに、

生活費をよこせなんて、ムシがよすぎると腹も立つことでしょう・・・、

 

でもこれは結婚している以上仕方のないことで、

イヤなら離婚に応じる以外にはないのです。

 

動画をご覧ください。

 

 

 

▼夫の浮気から夫婦関係を何がなんでもやり直すための無料メール講座 好評配信中
10月中に登録いただいた方には「無料相談をプレゼント中」

bnr_merumaga

【離婚調停】奥様からの離婚調停の申し立て後に起こり得る状況とは?

2014年10月04日(土)|コンテンツ,離婚調停

前回のブログにて動画を紹介しました。

 

別居の理由は、

離婚はできなくても、

一緒には居たくないからということでしょうが、

今後離婚となった時に、

お子さんと一緒に暮らした実績を作るという目的もあります。

 

別居が長くなるほど、

旦那抜きでの生活が安定していきます。

 

お子さんが健やかに成長できる環境が整ってしまえば、

後々離婚となった時に、親権のことで揉めにくいということも言えると思います。

 

 

その他、最近では奥さんの親御さんが前面に出てくるケースも多いです。

 

昔だったら一度嫁いだからには、

何があっても戻ってくるなという親御さんは多かったと思います。

 

ですが、今は親御さんが離婚を応援することも多く、

ご夫婦の間に立って、娘さんである奥さんをご主人に会わせないようにするとか、

親御さんが弁護士さんに依頼をし、

離婚を進めてしまうケースが少なくありません。

 

親が口を出し過ぎるのも考えものです。

こういう場合、奥さんの方はそれでよくても、

ご主人にしてみれば、

かなりの不満が残ってしまいます。

 

離婚問題が表面化した時に、

ほとんどの場合が、お互いの希望が相反するので、

双方が納得できる離婚というのは難しいかも知れません。

 

ですが、そうであっても、

もう少し相手の気持ちに配慮する姿勢が

お互いにあったらなと思うことが少なくありません。

 

感情が対立したまま離婚になると、

二度と会いたくないという気持ちも強くなるでしょうし、

そんな相手に、お子さんを会わせたくないという思いにもなるでしょう。

 

お子さんがいる場合は、

お子さんのことを最優先に考えて

離婚しても親子関係が良好に継続できるような形で離婚を

して欲しいと思います。

 

 

▼夫の浮気から夫婦関係を何がなんでもやり直すための無料メール講座 好評配信中
  10月中に登録いただいた方には「無料相談をプレゼント中」

bnr_merumaga

【離婚調停】 奥様からの離婚調停の申し立て 調停後に起こり得る状況

2014年10月03日(金)|コンテンツ,離婚調停

奥様が離婚調停を申し立てた場合、

申し立てと同時に家を出てしまうことが多いです。

そして、お子さんがいる場合は、連れて出ることが多いです。

その目的はなんなのでしょうか?

 

動画にまとめましたのでご覧ください。

 

 

▼夫の浮気から夫婦関係を何がなんでもやり直すための無料メール講座 好評配信中
  10月中に登録いただいた方には「無料相談をプレゼント中」

bnr_merumaga

夫には理解できない!妻から離婚調停を申し立てる理由

2014年09月30日(火)|コンテンツ,離婚したい方へ,離婚調停

奥様は離婚調停の申し立てをするまでに、

何年もの時間を掛けて、しっかり準備をしていることが多いです。

 

特に熟年離婚の場合は、

準備期間に10年くらいかけていることはよくあります。

 

この場合の理由は説明できないくらい些細なことの蓄積なのです。

 

1つ1つとってみれば、どうってことなくても、

何十年と蓄積されれば、

何が何でも離婚したいという気持ちを作り上げてしまうのです。

 

こうなってしまうと、この山を切り崩すのは至難の業。

 

日々の些細な行き違いは、よくあることかも知れませんが、

そのままにしていると、 取り返しがつかない事態を招くことがあります。

 

相手との日々のコミュニケーションをおざなりにしないで欲しいと思います。

 

 

▼夫の浮気から夫婦関係を何がなんでもやり直すための無料メール講座 好評配信中
9月中に登録いただいた方には「無料相談をプレゼント中」

bnr_merumaga

▼2014/10/3(金) 『家族を幸せにする賢い妻のコミュニケーション術』セミナー開催
 ⇒ 詳細はこちら

 

1 / 212
page top