ブログ

女性の幸せのため

アラフォー以上 女性の自立 に 必要なこと 名古屋女性のためのコーチング

2013年08月27日(火)|コンテンツ,女性の幸せのため

こんにちは、石野敬子です

 

仲良しの楓女性調査事務所社長の近藤楓さんと

女性の自立について話してみました

 

私とかえでさんは、女性の自立をテーマに活動しています

特に様々な問題を抱えることが多いアラフォー以上の女性を中心に支援していきたいと考えています

 

私たちの出会いのきっかけは、私が離婚カウンセラーだった当時

知人を通してかえでさんを紹介されたことでした

 

同世代、バツイチ、子どもがいる、同じ血液型という共通点もあり

会った途端に意気投合しました

 

 

そして、お互いの長年の目標であった

「かつての私たちのように人生に迷っている女性の自立の支援をしたい」

というのを少しずつ形にしています

 

 

 

さて、自立ですが・・・、自立というと一般的に

身体的自立、精神的自立、経済的自立、社会的自立と言われます

 

私たちは、まずは、精神的自立、そして経済的自立、

さらに最終的には社会的自立というところまでの支援を考えています

 

 

まずは、精神的な自立を障害するものとしては「依存」の存在があります

ここでいう依存とは、自分でするべきことを他人に被せてしまうことを言っています

 

 

依存が良いとか悪いということではなく、

自分が依存をしていることを自覚するところから考えていきたいと思います

 

 

 

 

私はかつて、専業主婦をしていました

当時は自分としては、極々普通の生活をしているつもりだったのですが

 

今、振り返ってみると、あらゆるとことで依存をしていたのでした・・・

 

 

結婚生活の中では、有難いことに

夫がお金をたくさん稼いできてくれていました

 

私は住むところを与えられ、食べるものにも着るものにも

困ることはありませんでした

 

今思えば、こんなに幸せで有難いこと

はなかったのですが・・・

 

 

恐ろしいことに・・・、人というのは

何でもしてもらえるという状況というのが長くなると

それが当たり前になってきます

 

 

とんでもなく傲慢な話しですが

感謝の気持ちもいつしかなくなっていきました

 

 

 

そして、恥ずかしいことに

当時は何か思い通りにならないことがあると

夫に対して不満を抱いていたのです

 

 

 

ダメんずメーカーのところでお話しした内容と重複しますが

植物も、水をやり過ぎると根が腐ってしまうように

人も与えられ過ぎると、ダメになってしまいます

 

自分が苦労しなくても、欲しいものが手に入れば、誰も好んで苦労をしようとは

思わなくなっていくものです

 

そうやって与えてもらうことに慣れることは、

同時に自分の義務感、責任感、決断力、行動力など、

自立するために必要な要素を自ら奪ってしまうことになるのです

 

 

そして、自分でやるべきことでも、自分でやろうとしなくなってしまう

さらに、やってもらうことが当たり前になってしまう

これが依存なんです

 

 

こんな話しはどこの夫婦でも、カップルの間でも、人間関係では

よくある話しかも知れません

 

 

では、このまま依存の状態を続けるとどうなるのでしょう・・・

 

 

不思議なことに依存の状態になっていたとしても

誰も依存していることには気が付きません

 

 

なぜなら、それが当たり前になってしまっているからなんですねー

 

 

依存が他人とのトラブルになって気付く場合もあれば

他人との人間関係が壊れて始めて気付く場合もある

 

でも、それでも気付かない人もいて

壊れた人間関係を他人のせいにし続ける人もいます

 

 

大事なものを失っても、他人に何を言われても

気が付かない人は気が付かない

これが依存の怖いところなんですね・・・

 

 

私の場合は、離婚後、外で男の人並みに働いてみると、

外で働くことの大変さが身に染みて分かりました

 

帰宅後、家事をやり、持ち帰った仕事をやり、毎日ヘトヘトになりながら

子どもたちの細々した話しを聞くのもかなりの忍耐力がいります

 

 

目いっぱいの仕事に加えて、1人で家のことをやらなければなりません

精神的にも体力的にも限界を超えてやり続けなければならなかったのです

 

そういう思いをしたから、今では「依存」の恐ろしさがつくづく分かります

 

こんな思いをする前に、なぜ自分のあり方をとことん考えてみなかったのだろう

と思ったこともありました

 

 

そうしなかったのは、なぜなのか?

それは、「依存している」自覚がなかったからです

 

 

つまり、依存は無意識なんです

その無意識が自立の妨げになります

 

だから、まずは、依存していることを自覚する

 

そして、依存を止める

ここからが自立のスタートなのだと思います

 

次回からアラフォー以上の女性の自立のための15ステップとして

自立の話しを続けていきます

女性の幸せ   時間は作るものと考えてみると・・・

2013年07月28日(日)|コンテンツ,女性の幸せのため

こんにちは、石野敬子です

 

今回は楓女性調査事務所社長の近藤楓さんと

 時間の使い方について話してみました

 

日々の限られた時間の中にどうやって時間を作っていくか・・・

 かえでさんも私も元専業主婦であり

 

時間をなかなか上手にできなかったなぁ

という経験がありますが・・・

 

現在は、二人共に主婦&会社経営者なので

毎日毎日、やることだらけです

そんな、ふたりの時間の使い方について

話しています。

 何が何でも今日やらなければならないという時

 いかに時間を作っていくかが課題でもあり

 

今では、それが習慣にもなってしまっています

 

ただ、家庭と仕事の役割が完璧にできているのかというと・・・

 そういう訳でもありません

 

手を抜けるところは手を抜いて

 家電の予約機能はフルに使い

 

1つのことだけじゃなくて、

何かと何かを同時進行にやる

などを習慣にすると

 

時間を有効に使うこともできるものです

そうやって自分なりに工夫して時間を作る

 

そして、やりたいことを精一杯やる

そんなふうにしていくと

 

何年かすると今とは

まったく違った自分になれるのではないでしょうか?

 

次回は、自分で自分の首をしめることになってしまうのは

どんなことなのかについて

 かえでさんと話してみたいと思います

 

女性の幸せ できない言い訳をしていると・・・

2013年07月28日(日)|女性の幸せのため

こんにちは、石野敬子です

 

今日はかえでさんと

 自分のやりたいことは何だろう

と言うことについて話してみました

あなたのやりたいことは何ですか?

 

やりたいことが無い

とおっしゃる方はとても多いですが

 

少しずつ聞いていくと

気になっていることや、やりたいことが

 出てくることもよくあります

 

ひょっとしたら、それは
今は子どもが小さいからとか、

今は仕事が忙しいから・・・

などと、できないことの言い訳にしているのかも知れません

 

しかし、

そのままやり過ごしてしまって、

何年も経ってから

 

子どもが○○だったから、

仕事が○○だったからできなかった・・・

ということになりかねません

 

だから、やりたいことや気になっていることは

その時にどうやったらできるだろうと考えて

できる時にやってしまおうという習慣付けを

 した方がいいんじゃないかなぁと思うのです

 

一日24時間は誰でも平等に持っているものですから

 限りある時間を、どうやったら有効に使えるかを考え

 時間を作ってでも色々な予定を入れて

 

よりたくさんのことを楽しんじゃおうって

 そういう習慣付けができたら

 人生はもっと実りの多いものになるのかも知れませんね・・・

 

 

次回は、時間の使い方について

 かえでさんと話してみたいと思います

女性のための探偵事務所  

2013年07月13日(土)|女性の幸せのため

こんにちは、石野敬子です

 

いつもお話させてもらっている、楓女性調査事務所社長の近藤楓さんと

今日は、探偵事務所で女性のためにできることって何なのかについて話してみました

そんな女性の立場に立って・・・

楓さんの思いを聞いてみました。

 

探偵事務所というと・・・・

怖そうな男性の探偵さんがいて・・・、何を聞かれるんだろうって

 そう思うと、女性が一人で行くっていうのも勇気がいるように思います

 

楓女性探偵事務所の社長のかえでさんは

探偵である前に、同じ女性であり、母親であるという立場で

 

女性が調査の依頼のためだけじゃなくて

 気軽にお茶を飲みに来る感覚で相談にきて欲しい

 という願いを込めて、女性探偵事務所にしたと話してくれました

 

そして、調査の後こそ、女性として、弱りきっている女性の

 力になりたいという思いで、お仕事をされてきたとのことでした

 

特に浮気の調査のあとは、フォローは不可欠で

 現状を受け入れて、これからどうやって幸せになっていくのか

 ということを一緒に考えていくのだそうです

 

メンタル面、身体面で体調を崩されている方も多く

 引っ越しやお子さんの転校などの手続きをしたり、何だかんだと細かいことを考えたり

 

離婚になってもならなくても、大変な状況を乗り越えなければなりません

 そんな時に、力になってくれる女性探偵は本当に頼もしい存在だと思いました

 

 

そんなに女性をボロボロにしてしまう浮気・・・

 この浮気について、明日からかえでさんと数回に渡って話してみたいと思います

女性のためのコーチング

2013年07月12日(金)|女性の幸せのため

こんにちは石野 敬子です

目標に向かうために、「大丈夫」と思える状態を作る

 

何かをやるという目標を立てた時、

その瞬間はやる気満々でも 少し時間が経つと、

「やっぱり無理なんじゃないか」

などと 思えてくることってありますよね

 

そうすると、やろうと思っていたことができなくなる

つまり行動が止まってしまう だから、目標は達成できない訳です

では、どうすればいいのか・・・・

だったら、いつも「大丈夫」と思える状態を作れれば

その目標に向かいやすくなるということが言えると思います

 

大丈夫マインドコーチングは、女性のためのコーチングです

すべての女性が「自分は大丈夫」と思える状態を作れるようになり

 

今までとは違った人生を手に入れて

より幸せになってもらうことを目的としています

 

日本という国は男性社会ですから

女性が女性らしく生きていくのは、なかなか大変です

 

専業主婦は養ってもらっているんだからと言われ

自己主張をする機会が少ないし

 

働く女性は女のくせにと言われ差別され

女性経営者になっても、男社会で戦うためには

男気(おとこぎ)を持たなければならない現状があります

 

 

「女性だからダメだ」ではなく、「女性だから大丈夫」

という意識を誰もが持てるようになれば

 

私自身、今までどんな状況においても、「大丈夫」と

自分を励まし続け、言い聞かせ続け・・・・

 

そうやって

心から「大丈夫」と思えるようになることで

今までの人生に起ったすべてのことを乗り越えてこられました

 

 

単純過ぎると思われるかも知れませんが

シンプルだからこそ、誰にでもできると思います

 

 

「大丈夫マインド」になって

今日からより幸せな人生を手に入れていきましょう!

 

 

明日は、女性探偵事務所が、女性のために目指していること

について、かえでさんと話してみたいと思います

page top